3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

練馬放送、活動再開-練馬のコミュニティーFM目指す

共同代表の宅美健太郎さん(左)、高橋広穏さん(右)

共同代表の宅美健太郎さん(左)、高橋広穏さん(右)

  • 0

  •  

 練馬区のコミュニティーFMを作ろうと活動している練馬放送が1月14日、約3カ月ぶりに活動を再開した。

 練馬放送は2009年3月に有志数人で始めた任意団体。インターネットラジオとして、祭りやフリーマーケットなど区内のイベント会場で収録・生放送を行っていた。昨年5月、念願の「彩生堂スタジオ武蔵関」(練馬区関町北1)を開設。本格活動を始めた矢先、同年10月、都合によりスタジオを閉鎖。しばらく活動ができない状況が続いていた。

[広告]

 今回の活動再開にあたり、公共の施設を借りて収録を行い、レギュラー番組8本を1月29日に放送することを決めた。「とにかく活動しないと始まらない。気にかけてくれる方もいるので、まずは公共の施設を使って活動したい」と高橋さん。

 練馬公民館で1月29日、「練馬放送 Talk on Together vol.1」を開催。練馬放送の活動報告、コミュニティーFMの可能性ついてディスカッションを行うため参加者を募っている。「東日本大震災以来、コミュニティーFMの必要性について耳を傾けてくれる方が増えた。地域の情報を発信するメディアとしてラジオが重要であることを理解してもらい、練馬にコミュニティーFMを開局したい」(宅美さん)。

 番組は練馬放送のホームページからストリーミングで視聴できる。

Stay at Home