見る・遊ぶ

西武、相互直通運転開始に伴い乗車券販売へ-往復と乗り降り自由がセットに

東急東横線・横浜高速みなとみらい線に直通運転する 6000 系(イメージ)

東急東横線・横浜高速みなとみらい線に直通運転する 6000 系(イメージ)

  •  
  •  

 西武鉄道は3月16日、相互直通運転の開始に伴い、往復と乗り降り自由がセットになった乗車券「西武横浜ベイサイドきっぷ」「西武東急線トライアングルチケット」の販売を始める。

「西武横浜ベイサイドきっぷ」の各線区名と主要駅イメージ

 「西武横浜ベイサイドきっぷ」は、西武線各駅(一部の駅を除く)から東京メトロ副都心線接続駅(小竹向原、池袋、西武新宿)までの往復+東京メトロ副都心線(小竹向原~渋谷間)乗り降り自由+東急東横線(渋谷~横浜間)の往復+横浜高速みなとみらい線(横浜~元町・中華街間)乗り降り自由、がセットになっている。「例えば、横浜・みなとみらいエリアでの観光を楽しんだ後、新宿・池袋エリアでショッピングといった利用にも便利」と同社広報担当者。

[広告]

 「西武東急線トライアングルチケット」は、西武線各駅(一部の駅を除く)から東京メトロ副都心線接続駅(小竹向原、池袋、西武新宿)までの往復+東京メトロ副都心線(小竹向原~渋谷間)乗り降り自由+東急東横線(渋谷~自由が丘間)、東急大井町線(自由が丘~二子玉川間)、東急田園都市線(二子玉川~渋谷間)乗り降り自由、がセットになっている。渋谷、自由が丘、二子玉川を自由に行き来できるため「ショッピングやカフェ・スイーツ巡りなど、おしゃれな街の散策に最適」という。

 「西武横浜ベイサイドきっぷ」の料金は、練馬駅(西武池袋線)から1,540円、飯能駅(西武池袋線)から2,020円、本川越駅(西武新宿線)から1,980円。

 「西武東急線トライアングルチケット」の料金は練馬駅(西武池袋線)から1,090円、飯能駅(西武池袋線)から1,570円、本川越駅(西武新宿線)から1,530円。

 いずれも西武線各駅(小竹向原、池袋、西武新宿、多摩川線の各駅を除く)の窓口で販売。発売当日限り有効。

  • はてなブックマークに追加