3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

練馬区のねり丸、年賀状ダウンロードサービス開始-新デザインも

「ねり丸」年賀状新デザイン ©練馬区

「ねり丸」年賀状新デザイン ©練馬区

  • 0

  •  

 練馬区は11月29日、公式アニメキャラクター「ねり丸」の年賀状デザイン4種類のダウンロードサービスを始めた。

 同区は日本初のカラー長編アニメーション映画の「白蛇伝」(1958年)や30分連続テレビアニメ「鉄腕アトム」(1963年)が制作された日本の商業アニメ発祥の地であり、現在も区内にアニメ関連企業が90社集まる最大の集積地となっている。「アニメ・イチバンのまち 練馬区」をキャッチコピーに区内外に向け積極的にPRしている。

[広告]

 同年賀状は、全国に「アニメ・イチバンのまち 練馬区」とそのキャラクター「ねり丸」をPRすることが狙い。

 年賀状のデザインは昨年までの3種に新たに1種を加えた。新しいデザインは、馬をモチーフにしている「ねり丸」と来年の干支(えと)にちなんでびょうぶの前で「ねり丸年」を祝うもの。そのほかのデザインは、「ねり丸」が鏡餅に扮(ふん)しているもの、「ねり丸」が富士山をバックに飛んでいるもの、「ねり丸」が区内の街並みを歩いているもので、いずれも「ねり丸」らしい一コマを切り取ったデザインとなっている。

 同年賀状はホームページからダウンロードできる。無料。

 2011年3月に誕生したねり丸は、ツイッターの発信や短編アニメーションの公開などにより区内外で着実にファンを増やしている。先日開催された「ゆるキャラグランプリ2013」では、全1580キャラクター中45位という好成績を収めた。イベントへの出演も増え、グッズの販売も好調。区では「キャラクターのパワーで地域をさらに活性化していきたい」と考えている。

Stay at Home