3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

練馬の野菜「無人販売所」案内サイト、地元企業が開設-主婦の声がきっかけで

「ねりま無人販売所マップ」のサイトのトップページ

「ねりま無人販売所マップ」のサイトのトップページ

  •  
  •  

 練馬区内の無人野菜販売所、野菜直売所の場所を案内するサイト「ねりま無人販売所マップ」が2月11日、開設された。運営はエリアスタ(練馬区大泉1)。

 同社社長の蓮田健一さんは「『無人販売所がどこにあるかわかれば、主婦も自分で新鮮な野菜を買うことができるのに』という妻・理沙さんの一言がきっかけになった」と振り返る。

[広告]

 その後、この話を社内のデザイナー齋藤さんに持ち出したところ、齋藤さんの実家も兼業農家で「農業に関わるサイト制作ならすぐに始めたい」と制作開始。同社介護部門のメンバーが知っている施設をピックアップし、部門間を超えた社員の協力でサイトが完成した。

 「会社のある練馬区大泉町1丁目は畑の多いのどかな地域。外食やスーパーの野菜に慣れていたころは気付かなかったが、いざ直売所で野菜を買ってみると、新鮮な野菜ほどおいしいものは無いことに気付く。農家の顔が見え、畑が見え、食に対する意識が日に日に高くなってきただけでなく、自宅での料理が楽しくなり、次第に家族の絆も深まっていく気がした」と蓮田さん。

 今後の目標については、「サイト自体はあくまで情報伝達ツールの一つ。今後は地元の主婦・農家・店舗をつなぐ活動ができれば、より地域活性化につながるのでは」と話す。「畑は練馬の宝。畑や大地との触れ合いを通じて、少しでも地元練馬の皆さまの心を耕すきっかけになれば」とも。

Stay at Home