暮らす・働く

練馬の芸人「ねりまだいこん。」が選挙啓発大使に 7月2日都議選に向けて

「ねりまだいこん。」の影山直柔さん(右)、村野俊一さん

「ねりまだいこん。」の影山直柔さん(右)、村野俊一さん

  • 79

  •  

 練馬で活躍するお笑い芸人「ねりまだいこん。」が6月8日、東京都議会議員選挙(7月2日投開票)の練馬区選挙啓発大使に任命された。

 練馬区選挙管理委員会事務局へ武蔵大学インターンシップ生が発案したもので、区内で活躍中の芸人「ねりまだいこん。」が、お笑いライブなどで若者に投票の呼び掛けや啓発チラシの配布をボランティアで行う。

[広告]

 ボケ担当で同区出身の影山直柔さんとツッコミ担当の村野俊一さんによる同コンビ。2人はこの話を快諾しこの日、区の選管から啓発大使のタスキを手渡された。影山さんは「社会貢献として愛する地元練馬に恩返しがしたかった。僕らのお笑いライブのお客さんは若い人が多いので、そこで投票参加の重要性を伝えていきたい」と意気込みを語る。

 インターン生の佐々木裕太さんは「公務員は、最小の経費で最大の効果を出さないといけないと教わった。ねりまだいこん。は、地元の祭りなどのイベントで活躍しているので、そこで一緒に選挙啓発してもらえれば、一石二鳥かと思った」と話す。

 今月29日には同大学内で行う模擬投票イベントに参加するほか、随時区内の学校を回りイベントを行う予定。