練馬の芸人「ねりまだいこん。」が初の単独ライブ 好評でチケット完売

「ねりまだいこん。」の影山直柔さん(左)、村野俊一さん(右)

「ねりまだいこん。」の影山直柔さん(左)、村野俊一さん(右)

  •  
  •  

 練馬の芸人「ねりまだいこん。」が11月27日に開く単独ライブのチケットが完売したことが分かった。会場は練馬駅北口近くのココネリホール(練馬区練馬1)。

 ボケ担当で同区出身の影山直柔さんとツッコミ担当の村野俊一さんによる同コンビ。2002年結成。オスカープロモーション所属。コンビ名を2011年、「エスケースリー」から「ねりまだいこん。」に改名した。地元のケーブルテレビやインターネットラジオに出演するほか、イベント出演など区内で活発的に活動を行っており、区民の知名度も高い。

[広告]

 単独ライブの開催は同区内でも、コンビとしても初。影山さんは「応援してくれる方が増え、皆さんから単独ライブを開いてほしいという声を頂き開催することになった」と振り返る。

 内容は「練馬区を題材にしたコントと漫才」と言い、区民に向けた「練馬あるある」ネタから、同区をあまり知らない人に向けた練馬紹介ネタまで、10個のネタを予定するほか、それぞれピンでのネタも披露する。「老若男女問わず幅広い年齢層の方々に見ていただきたい」と販売したチケットは好評で、100席分用意したチケットは当日券も含め完売した。

 初の単独ライブについて、「もし失敗したら二度とやりません。必ず成功させて2回目の単独ライブをまた来年開けるよう頑張りたい」と意気込む。今後、単独ライブは実際の練馬大根の収穫時期に合わせて毎年行い、次回は来年の秋を予定する。「いずれは、練馬文化センターでワンマンを」とも。

 ちなみに、光が丘公園で11月21日・22日に開いた「JA東京あおば農業祭」で限定販売した練馬大根は1800本で、2日で完売する人気ぶり。練馬文化センター大ホールは1486席、同施設を目指す芸人「ねりまだいこん。」の売れ行きにも注目だ。

  • はてなブックマークに追加