天気予報

10

1

みん経トピックス

練馬でアニメカーニバル練馬でシェアサイクル導入

としまえんに新ライド 自分でマスコン操作できるミニ電車

としまえんに新ライド 自分でマスコン操作できるミニ電車

製作中のチャレンジトレイン車両

写真を拡大 地図を拡大

 としまえん(練馬区向山3)で9月30日、新ライド「チャレンジトレイン」オープニングイベントが開かれる。

 同施設は、西武鉄道の車両を模したミニ電車でマスター・コントローラー(通称:マスコン)やブレーキハンドルを操作して運転する電車型ライド。全長180メートルのコースは踏切や駅、鉄橋などの造形が並び、本物の電車の運転士になった気分で楽しむことができる。

 車両デザインは今年3月にデビューした新型車両40000系のほか、「スマイルトレイン」の愛称の30000系、アルミボディーや回生ブレーキを採用することで省エネルギー化を実現したという20000系、黄色いボディーカラーで知られる2000系をかわいらしくデフォルメした4種類を用意する。

 当日は音楽ユニット「SUPER BELL''Z(スーパーベルズ)」の車掌DJ・野月貴弘さんによるライブや、鉄道好きなお母さん「ママ鉄」として活躍するタレントの豊岡真澄さんが同施設の1日駅長として登場する。園内では、岩倉高等学校(台東区)の協力で、Nゲージの運転体験も行う。レイアウト上で西武鉄道車両をはじめとしたNゲージ模型を走らせることができる。

 料金は400円(入園料別途、乗り物1日券利用可)。営業時間は10時~17時(10月16日から16時まで)。入園料は、大人=1,000円、子ども=500円。

グローバルフォトニュース