3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

練馬区立美術館で「野見山暁治」展 名誉区民記念で一挙公開

「アニタ」1955年 油彩 カンヴァス

「アニタ」1955年 油彩 カンヴァス

  • 33

  •  

 練馬区立美術館(練馬区貫井1)で12月20日、練馬区名誉区民顕彰(けんしょう)記念「野見山暁治(のみやまぎょうじ) 収蔵作品展」が始まった。

 今年、野見山さんが名誉区民に選定されたことを記念して行う同展。油彩、水彩画、素描など50点を超える収蔵品を全て展示する。過去に同館で「野見山暁治展 その、動く気配の一瞬の形を」(1996年)も開催している。

[広告]

 野見山さんは1920(大正9)年生まれ。東京美術学校(現東京芸術大学)で学び、12年間の在仏中に第2回安井賞を受賞。東京国立近代美術館で展覧会を開くなど、日本の現代洋画界を代表する画家として活躍。2000年に文化功労者認定、2014年に文化勲章を受章した。区内にアトリエを構え、現在も拠点の一つとして制作活動を続けている。

 開館時間は10時~18時(入館は17時30分まで)。月曜休館。入館無料。今月27日まで。

Stay at Home