見る・遊ぶ

練馬ハーフマラソン参加者募集 区民枠10月26日から、小中学生用コースも

「練馬こぶしハーフマラソン」昨年の様子

「練馬こぶしハーフマラソン」昨年の様子

  •  

 ハーフマラソン大会「練馬こぶしハーフマラソン」の実行委員会が10月26日から、区民ランナーのエントリー募集を始める。

 練馬区内で来年3月24日に開催される同大会は今年で5回目。定員は5000人。参加枠はインターネットによる区民枠(先着1000人)、一般枠(先着3500人)、郵便払い込みによる抽選枠(500人)を用意する。

[広告]

 参加ランナーの投票で決める「全国ランニング大会100撰」に3年連続で選ばれている同大会は、光が丘公園を発着拠点に、笹目通り・目白通り・環八通り・川越街道の順で区内にある主要幹線道路の走破を目指す。コースのほとんどが公道であることと、コース沿いに咲くコブシや桜を満喫できるのが特長。

 参加対象は「2時間30分内に完走できること」などで国籍は問わない。参加費は5,400円(高校生相当は3,240円)。エントリー受付期間は、区民枠=10月26日~28日、一般枠=11月7日~13日(区内在住の場合、どちらからでも申し込み可)、郵便払込枠は同14日~20日。

 大会当日は、区内の小中学生を対象に光が丘公園内の1.6キロコースを走る種目「マイルラン」も行う。参加は要保護者同伴。参加費は、中学生=1,080円、小学生・保護者ペア=2,160円。エントリー締め切りは11月13日。