見る・遊ぶ

としまえんで「あじさい祭り」 150品種が順に見頃に

園内北側エリアの「あじさい園」

園内北側エリアの「あじさい園」

  •  
  •  

 としまえん(練馬区向山3)で現在、「としまえん あじさい祭り」が開かれている。

 毎年多くの人の目を楽しませている同イベント。園内北側エリアの「あじさい園」は150品種1万株の彩り鮮やかなアジサイが植えられ、関東ではあまり見られない山アジサイや西洋アジサイの珍しい品種などがあるのも特徴。

[広告]

 前半は山アジサイ、後半は園芸アジサイが見頃となり訪れるたびに違うアジサイを楽しむことができる。現在は山アジサイが見頃を迎えており、「背が低く、花も小さく撮影対象としても人気がある」と広報担当者。

 期間中、夕方から「あじさい園」をライトアップする「あじさいナイト」を実施するほか、同園に沿って走る模型列車が「あじさい号」に模様替えし、列車からアジサイを楽しめるようにする。会場ではフォトスポット、スタッフによるガイドツアー、押し花教室、ジャズコンサートなど、さまざまなイベントを用意する。

 開園時間は10時~17時。入園料は、大人=1,000円(期間中、50歳以上と休園日は500円)、子ども=500円。「あじさいナイト」は土曜・日曜の17時~19時30分(雨天中止)に開き、17時以降の入園料は300円。6月24日まで。

  • はてなブックマークに追加