見る・遊ぶ 暮らす・働く

保谷の駅ナカ商業施設「エミオ」増床へ-11月、全12店で展開へ

「エミオ保谷」イメージ

「エミオ保谷」イメージ

  •  
  •  

 西武池袋線・保谷駅の駅ナカ商業施設「Emio(エミオ)保谷」(西東京市東町3)が11月21日、増床オープンする。西武プロパティーズ(埼玉県所沢市)が10月16日、発表した。

「生活の潤い」をテーマに2009年4月、改札口エリアにオープンした同施設。スイーツや輸入食品店など6店舗で展開している。今回の増床のほか、既存店舗を一体として運営していくことで、12 店舗での展開となる。増床は同駅南口エリアで、規模は537.23平方メートル。

[広告]

 増床により、同駅南口の「ペデストリアンデッキ」に直結した飲食店5店舗が新たに出店する。出店するのは、「バーガーキング」「すし三崎丸」「井の庄」(ラーメン)、「万葉そば」「ファミリーマート」。現在、「エミオ」として運営していないファッション・雑貨店「イッツデモ」もリニューアルし、同施設に加わる。

 「今月27日には、『エミオ所沢』もグランドオープンする。これからも地域の皆さまに利便性・癒やし・楽しさを提供し、地域コミュニティーの拠点ともなる駅ナカ商業施設を目指して施設展開したい」と同社広報担当者。

  • はてなブックマークに追加