暮らす・働く

とよたかずひこさん、光が丘図書館で絵本トーク-制作秘話など披露

講演の様子

講演の様子

  •  
  •  

 光が丘図書館(練馬区光が丘4)で5月10日、絵本作家・とよたかずひこさんによるトーク&絵本ライブ「しんぱいごむよう! たのしいおはなし めしあがれ」が開催された。

 「子ども読書の日」(4月23日)、「こどもの読書週間」(4月23日~5月12日)に合わせて開いたもの。受け付け開始から2日で定員に達した人気の催しとあって区内外の家族連れなど約90人が参加した。

[広告]

 とよたさんは1947(昭和22)年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。イラストレーターを経て絵本作家に。「ワニのバルボンさん」「おいしいともだち」「うららちゃんののりものえほん」シリーズなど、多くの人気絵本を創り出している。中でも性別・年齢不詳のスーパー赤ちゃん「ももんちゃん」が活躍する「ももんちゃんあそぼう」シリーズは若い父親にも人気があり、今回、家族連れの参加が目立った。

 会場では、2人の娘の子育てをきっかけに絵本を描くようになった話や、西武新宿線沿線に住んでいたころに井の頭公園(武蔵野市)でボートに乗ったこと、滝山団地(東久留米市)内の公園で三輪車に乗ったことなど、楽しい思い出から絵本が生まれたという制作秘話を披露したほか、絵本と紙芝居の読み聞かせを行い、サイン会も実施した。

 同館では現在、「とよたかずひこ絵本コーナー」を設け、約180冊を展示・貸し出しを行っている。同コーナーは今月18日まで。開館時間は9時~20時(土曜・日曜・祝日は19時まで)。月曜休館(第2月曜を除く、祝日の場合は翌平日休館)。

SmartNews Awards 2019