食べる 見る・遊ぶ

西武鉄道、52席限定のレストラン電車公開 ブランチコース予約埋まる

豊島園駅で公開された観光電車「52席の至福」(写真は4号車)

豊島園駅で公開された観光電車「52席の至福」(写真は4号車)

  •  
  •  

 西武鉄道は西武池袋線・豊島園駅で4月14日、同17日から運行される観光電車「西武 旅するレストラン 52席の至福」を報道陣に公開した。

天井に西川材を使った4号車

 同車両は「西武鉄道100周年アニバーサリー」の集大成として、次の100年に向けて運行することを目指して企画・開発。現在、飯能~西武秩父間を中心に運行する4000系(4両編成)を、レストラン電車にリメークしたもの。

[広告]

 客席車両は2号車と4号車で、それぞれに2人用テーブル5卓、4人用テーブル4卓、計52席を用意する。3号車はオープンキッチン車両で、バーカウンターも設置。1号車は多目的車両として、座席の無いスケルトンスペースとし、さまざまなイベントに対応する。

 車体の内外装は建築家の隈研吾さんが担当。外装は秩父をモチーフとし、車両別に四季や武蔵野を流れる荒川の水を表現している。1号車は春の芝桜と長瀞(ながとろ)の桜、2号車は夏の秩父の山の緑、3号車は秋の秩父連山の紅葉、4号車は冬のあしがくぼの氷柱。

 内装は渓谷などの自然をモチーフとし、車内とデッキの仕切り(2号車・4号車)には、秩父銘仙を使用。2号車の天井には柿渋和紙を、4号車の天井には西川材をそれぞれ使っている。ロゴマークは「52」という数字から、秩父の自然をトランプの柄に見立ててデザイン。車内メロディーは音楽プロデューサーの向谷実さんが作曲した。

 食事は「ブランチコース」と「ディナーコース」の2種類を用意。和・洋・中の著名シェフが、埼玉県の食材を中心に、埼玉県産の「牛肉」をテーマにコースをアレンジした。4月~6月のシェフは、総合監修に日本料理店「つきぢ田村」3代目の田村隆さん、和食を「La BOMBANCE」の岡本信さん、洋食を「Restaurant La FinS」の杉本敬三さん、中華を「海鮮名菜 香宮」の篠原裕幸さん。

 土曜・日曜・祝日を中心に池袋~西武秩父間、西武新宿~西武秩父間、同~本川越間の3コースで運行する。基本的な運行時刻は、ブランチコースが、池袋10時50分発~西武秩父14時着、西武新宿10時45分発~西武秩父14時着、西武新宿10時45分発~本川越13時15分着。ディナーコースは、西武秩父17時40分発~池袋20時着、西武秩父17時40分発~西武新宿20時着、本川越17時15分発~西武新宿20時着。

 料金は、ブランチコース=1万円、ディナーコース(お土産付き)=1万5,000円。予約は2~4人単位で、専用サイトで受け付けている。現在は6月運行分までの予約を受け付けているが、ブランチコースは満席の状態。ディナーコースは3人以上であれば予約可能となっている。

SmartNews Awards 2019