3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

練馬でクリーンエネルギー講演会 「市民発電所」第1号設置記念で

講演を行う吉原毅さん

講演を行う吉原毅さん

  •  
  •  

 練馬区役所で4月26日、講演会「ギャラリー古藤に太陽光発電所をつくろう!」が開かれる。主催は練馬グリーンエネルギー。

 東日本大震災後、原発に依存しなくて済む社会をつくるため自然エネルギーの普及と理解促進を目指して2013年に活動を始めた同団体。自然エネルギーに関するイベントやセミナーなどを開いている。

[広告]

 今回、同団体が設立以来目指してきた「市民発電所」の設置のめどがついたことを記念して開く同イベント。太陽光発電装置を設置するのは、「江古田映画祭」などを開催している「ギャラリー古藤(ふるとう)」(練馬区栄町)。設置は5月下旬を予定し、寄付・出資などを募る市民ファンド型の「市民発電所」としては練馬区第1号となる

 第1部は、「原発ゼロで日本経済は再生する」と題して城南信用金庫相談役・吉原毅さんが、金融界・信用金庫の人々を巻き込みながら、脱原発・自然エネルギー普及のために奮闘したさまざまなエピソードを話す。第2部では、「具体的な一歩を踏み出そう!練馬の市民発電所」と題して、ギャラリー古藤の市民発電所プロジェクトについて説明する。

 吉原さんは1977(昭和52)年慶応義塾大学経済学部卒、同年城南信用金庫入職。2010年、理事長就任。東日本大震災以降は、太陽光発電などによるクリーンエネルギーの導入を推進・実践した。2015年から同社相談役、城南総合研究所長、明治学院大学客員教授に就任。

 同イベント担当者は「練馬区外からの参加も歓迎。この小さな一歩に参加してくださる方、ぜひ気軽にお越しいただければ」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は18時~20時。会場は本庁舎地下多目的会議室。参加費500円。参加申し込みはホームページで受け付けている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home