天気予報

10

1

みん経トピックス

練馬区独立70周年練馬区独立70周年記念誌

練馬区役所で「盲導犬」訓練 今後も毎月実施へ

練馬区役所で「盲導犬」訓練 今後も毎月実施へ

椅子の認識訓練の様子

写真を拡大 地図を拡大

 練馬区役所で7月26日、アイメイト(盲導犬)の訓練が行われた。

 同区がアイメイトの実地訓練の場として区役所を提供したもので、訓練はアイメイト協会(練馬区関町5)が行い、指導員とともにエスカレーターやエレベーターの乗降、窓口受け付けや食堂で空席を探し伏せて待機、区役所から駅への移動などを行った。区では同訓練に合わせて、区役所正面入り口横に補助犬用トイレを設置するなど環境を整備した。

 当日は区役所での訓練のほか、西武鉄道の協力で西武池袋線・練馬駅などで電車の乗降訓練も行った。同協会担当者は「訓練は地域の店舗や道路などを利用した実地訓練がとても重要だが、視覚障がい者が使用している状態でないとペット扱いとなり、入店など断られる場合もある。いろいろな設備がある区役所で訓練が可能となれば訓練効果も大きく、季節や天候などに左右されず計画的に実施できる」と説明する。

 今後も毎月5日程度、区役所での訓練を予定。区では同団体に協力し視覚障がい者の社会参加と区民にアイメイトと視覚障害者の理解促進を図っていく。

グローバルフォトニュース