天気予報

18

13

みん経トピックス

練馬でシェアサイクル導入豊島園にミニ電車の新ライド

練馬で「雹がいリンゴ」販売へ 上田市のリンゴ農家支援

練馬で「雹がいリンゴ」販売へ 上田市のリンゴ農家支援

雹がいリンゴ

写真を拡大 地図を拡大

 練馬区内で9月30日と10月15日、降雹(ひょう)被害を受けた長野県上田市のリンゴ農家支援を目的に、「雹がいリンゴ」の配布・販売会が行われる。

 長野県上田市の一部地域で5月31日、約2センチ大の雹が約15分振り続いたことにより、生育中のリンゴに傷がついた。練馬区では、友好都市の同市を支援するため区内イベントで配布・販売を行う。

 JA信州うえだによると、雹が当たった箇所はかさぶた状に回復しているが傷がついている状態のため傷の箇所は深めに切る必要があるが、味は無傷の物と比べてもそん色はないという。

 初回は9月30日、練馬文化センター(練馬1)で行われる映画上映会の来場者に一人1個、雹がいリンゴを試食用として進呈し、リンゴの購入支援を呼び掛ける。同会場では、同市出身のがん研究者・山極勝三郎博士の生涯を描いた「うさぎ追いし-山極勝三郎物語-」の上映とトークショーを行う。開催時間は13時~16時。入場無料。

 10月15日は、としまえん(向山3)の「練馬まつり」会場で販売を行う。開催時間は10時~16時。当日は入園無料。

グローバルフォトニュース