食べる

練馬経済新聞年間ランキング 1位はコッペパン専門店「豪雪堂」

コッペパン専門店「豪雪堂」のおすすめのコッペパン7種

コッペパン専門店「豪雪堂」のおすすめのコッペパン7種

  •  

 練馬経済新聞の2018年PV(ページビュー)ランキング1位は、コッペパン専門店「豪雪堂」のオープンを伝えた記事だった。ランキングは今年1月1日から12月13日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。

 医療介護・就労継続支援事業を行うアイラスグループ(練馬区貫井1)が経営する同店。代表・加藤奈穂さんの故郷である北海道北見市の食材のおいしさを、「コッペパン」を使って「多くの人に味わってもらいたい」との思いで立ち上げた。コッペパンが全国的にブームになっていることもあってオープンから注目を集めた。

[広告]

 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 練馬にコッペパン専門店「豪雪堂」 北海道北見市のグルメ食材をサンド(7/6)

2. 練馬・光が丘公園で「ロハスフェスタ」 出店250ブース、10回記念企画も(8/23)

3. 練馬で「独立記念日」祝いイベント コンサートや花火打ち上げ(8/3)

4. としまえんで「打ち上げ花火」 実施日を25日間に拡大(6/19)

5. 練馬区内各地で夏イベント 台風12号で予定変更も(7/27)

6. としまえんで「練馬区花火フェスタ」 花火5000発打ち上げ(7/25)

7. 練馬で最高気温39.6度 観測史上最高気温を記録(7/23)

8. 練馬・光が丘で「鍋」イベント 「ページェントフェスタ」も同時開催(12/12)

9. 練馬区立図書館で「本の福袋」 中身は図書館員お薦めの本を(12/13)

10. としまえんでウインターイルミネーション 花火の打ち上げも(10/26)

 2位は、「ロハスフェスタ」の紹介記事。毎回人気の同イベントが光が丘公園で10回目を迎えたことから、さまざまな記念企画を展開しアクセスが増えた。

 3位、4位、6位、10位に関連するのは打ち上げ花火。としまえんが打ち上げ花火を始めたことから、花火イベントは区内で恒例となりつつあり、ランクインにつながった。6位の「練馬区花火フェスタ」では花火を5000発打ち上げ、園内だけでなく駅周辺も多くの人でにぎわった。

 5位、7位は今年の夏の出来事を伝えた記事。特に区内で観測史上最高気温39.6度を記録したことはSNSでも話題となった。

 今年は、ランキングに反映された通り区内で打ち上げ花火イベントの注目度が高かった。

 来年は、都市農業の魅力と可能性を世界に発信するため練馬区に海外都市を招聘(しょうへい)し世界都市農業サミットが開催される。ホスト役である練馬の農業についても注目していきたい。