見る・遊ぶ

練馬・光が丘公園で「ロハスフェスタ」 出店250ブース、10回記念企画も

過去の様子

過去の様子

  •  
  •  

 都立光が丘公園(練馬区光が丘4)芝生広場で9月15日~17日、「ロハスフェスタ東京」が開催される。

 「おしゃれに楽しく身近なことからエコを実践しよう」をコンセプトに、2006年から続く同イベント。大阪・万博記念公園で29回、広島で4回、淡路島で2回開催し、同会場では10回目の開催となる。

[広告]

 会場では約250ブースが出店し、雑貨や家具、自然派食材で作ったフードやスイーツ、親子で体験できるワークショップなどを展開する。毎回友達同士、ファミリー層などが多く来場する。エコリサイクルコーナーでは使用済み天ぷら油・牛乳パック・羽毛製品・古本の回収や古着の物々交換、環境について学べるクイズラリーなども行う。

 10回開催を記念し、初日は前川燿男練馬区長、ロハスフェスタ名誉大使で漫画家・松本零士さんが参加する記念式典を行う。同16日は小学生を対象とした「ロハスフェスタ キッズエコツアー」を行う。同イベントや出展者が取り組む環境活動を学び、環境問題を身近に感じてもらうためのツアーで、ガイドとブースを周り、最後にまとめ学習を行う。参加者には認定証を進呈する。約1時間。事前予約優先。同16日・17日は小学生以下を対象とした「こども食堂」を行う。青空の下、楽しくランチを食べる企画として無料で提供する。両日先着100人。

 当日は「ごみゼロイベント」を目指し、参加・来場者にマイ食器などの持参を呼び掛けている。マイボトルを持ってきた人を対象に、無料で給茶できる給茶スポットを用意する。

 開催時間は10時~17時(最終日は16日まで。入場は終了30分前まで)。入場料は350円、小学生以下無料。

  • はてなブックマークに追加