暮らす・働く

練馬アニメカーニバル開催 「この世界の片隅に」イベントなど

ワークショップの様子

ワークショップの様子

  •  
  •  

 練馬駅北口周辺で10月14日・15日、「練馬アニメカーニバル2017」が開かれた。

 アニメ制作企業数が約100社と日本有数の集積地となっている練馬区で、アニメ文化の素晴らしさを区内外に発信する同イベントは今年で11回目。

[広告]

 14日は、映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督、真木太郎プロデューサー、声優を務めた尾身美詞さん、岩井七世さんをゲストに招き、トークイベントを行った。手塚治虫文化賞受賞作品「昭和元禄落語心中」の記念ステージも開催し、原作者の雲田はるこさん、声優の石田彰さん、落語家の立川志らくさん、立川志ら乃さんが登壇。落語、漫画、アニメの3つの魅力が詰まった作品世界を堪能できるステージとなった。

 翌15日は、「タツノコプロ55周年祭」を開催。笹川ひろしさん(タツノコプロ顧問)らをゲストに、同社の長い歴史と魅力的な作品を振り返り、最新作まで楽しめる内容となった。

 両日開催のワークショップ「アニメの学校@ねりま」では、子どもたちが動画クリンナップ(清書)など、プロと同じ道具を使って仕事の現場を体験したほか、「神谷明と大地丙太郎のかってにプロジェクト」ステージやアニメグッズが購入できるマルシェ、展示ブースなどが展開された。

  • はてなブックマークに追加