見る・遊ぶ 買う

西武鉄道、「銀河鉄道999」懐中電灯-手回し充電で防災向けにも

「銀河鉄道999 デザイン電車 オリジナル懐中電灯」©Leiji Matsumoto,SEIBU Railway Co.,LTD.

「銀河鉄道999 デザイン電車 オリジナル懐中電灯」©Leiji Matsumoto,SEIBU Railway Co.,LTD.

  •  
  •  

 西武鉄道(埼玉県所沢市)は9月25日、「銀河鉄道999 デザイン電車 オリジナル懐中電灯」を発売する。

 2009年5月より西武池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)で運行している「銀河鉄道999デザイン電車」がデザインされた同商品。普段は部屋のインテリアや懐中電灯として使えるほか、緊急時には搭載するダイナモ発電機能(手回しハンドルによる蓄電)で乾電池がなくても発電・発光できる仕様となっている。価格は1,500円。限定4999個。本体サイズは幅36、高さ38、長さ130ミリメートル。

[広告]

 「『銀河鉄道999デザイン電車』のグッズは毎回好評を頂いている。同電車のグッズを期待されているお客さまの声にお応えし、当社としては初めて懐中電灯を発売する」と広報担当者。「防災の意識が高まっているこの時期に、自宅だけでなくオフィスでも使ってほしい」とも。

 練馬区内の西武鉄道駅構内の売店「TOMONY」ほか、各駅売店(一部店舗を除く)で販売する。

  • はてなブックマークに追加