食べる 暮らす・働く

保谷駅の駅ナカ商業施設「エミオ」増床-うさぎキャラ「エミミ」初登場も

オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーの様子

  • 0

  •  

 西武池袋線・保谷駅の駅ナカ商業施設「Emio(エミオ)保谷」(西東京市東町3)が11月21日、増床オープンした。

エミオのキャラクター「エミミ」初登場

 増床したのは同駅南口エリアで、規模は537.23平方メートル。飲食店5店舗が新たに出店するほか、これまで「エミオ」として運営していなかったファッション・雑貨店「イッツデモ」もリニューアルし、同施設に加わった。これにより、総店舗数は既存の6店舗と合わせて12店舗へと拡大した。

[広告]

 新たに出店したのは、ラーメン「井の庄」「バーガーキング」「すし三崎丸」「万葉そば」「ファミリーマート」で、来月には「サブウェイ」、美容室「バサ」もオープン予定。

 オープニングセレモニーでは、同駅を管轄する西武鉄道・石神井駅管区 管区長 清水晃夫さん、新規出店店舗を代表して「井の庄」店主の中村泰介さん、一般客代表による鏡開きが行われた。たるの中身は、日本酒ではなく同施設に出店している「旭製菓」のかりん糖や「レモンドロップス」のクッキーで、先着100人に配られた。セレモニー終了後、10時に全店一斉開店しバーガーキング前には100人以上の行列ができた。

 この日は、今年6月に発表したエミオのキャラクター「エミミ」の着ぐるみも初登場し、子どもたちとの記念撮影に応じるなど会場を盛り上げた。

 営業時間は店ごとに異なる。

Stay at Home