3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

練馬舞台の漫画「東京自転車少女。」第4巻発売-新キャラ登場で波乱

「東京自転車少女。」第4巻、著者「わだぺん。」

「東京自転車少女。」第4巻、著者「わだぺん。」

  • 0

  •  

 練馬を舞台にした漫画「東京自転車少女。」第4巻が7月12日、アース・スター エンターテインメント(渋谷区)から発売された。

 「自転車天使部(チャリーズエンジェル)」に所属する女子高校生4人が、桜台陸橋や石神井川・桜の辻、小泉牧場、富士塚巡りなど練馬区内を自転車でぶらぶらポタリングしながら、ハイテンションで街情報を紹介していく同作。著者は同区桜台在住の「わだぺん。」さん。

[広告]

 今回発売された4巻では、主人公・島野いるかの自転車「ワカマツ号」の改造開始や国の天然記念物に指定されている白山神社(練馬区練馬4)の大ケヤキが描かれているほか、「サキュバス」の異名を持つ新キャラが登場する波乱の内容となっている。

 第4巻発売を記念して、「コミックとらのあな」「ゲーマーズ」「COMIC ZIN」の店舗別に描き下ろしイラストなどの先着購入特典を用意する。
価格は625円。コミックスと同日発売となる「月刊コミック アース・スター 8月号」(500円)では、同作が表紙・巻頭カラーを飾っている。

Stay at Home