見る・遊ぶ

西武鉄道、座席指定制直通列車導入へ 2017年春、新型車両で

座席指定制直通列車に使われる「40000系」車両(2017年春導入予定)

座席指定制直通列車に使われる「40000系」車両(2017年春導入予定)

  • 0

  •  

 西武鉄道は6月16日、2017年春に座席指定制の「都心-秩父」間直通列車の導入を発表した。

西武40000 系車両内装イメージ(クロスシート状態)

 利用者の着席ニーズに応えて行うもので、新型通勤車両「40000系」導入に合わせて実施する。同社での座席指定は、特急レッドアロー号が全席座席指定で運行しているが、通勤車両を座席指定列車として運行するのは初めて。相互乗り入れする、東京メトロ副都心線・有楽町線・東急東横線・みなとみらい線でも初となる。

[広告]

 同車両は一部車両にロング・クロスシート転換車両を備えており、座席をロングシートとクロスシートの両方に変化させることができる設備となっている。座席指定は同転換車両を使う。

 平日は通勤利用を想定し、西武池袋線~東京メトロ有楽町線を運行予定。土曜・日曜・祝日は観光利用を想定し、西武秩父線~東京メトロ副都心線~東急東横線~みなとみらい線を運行予定。これまで横浜方面からの直通運転は飯能駅までだが、座席指定制の直通列車に関しては、西武秩父駅まで直通運転となる。

 同社広報担当者は「全席座席指定でゆったり座れる快適な着席サービスを提供する。週末のお出掛けや、平日の通勤・通学にぜひ利用してほしい」と呼び掛ける。