天気予報

22

11

みん経トピックス

成増陸軍飛行場テーマに講座練馬CM、 50万再生突破

上石神井で小学生が和食作り体験 だしの取り方など学ぶ

上石神井で小学生が和食作り体験 だしの取り方など学ぶ

和食の作り方を学ぶ子どもたち

地図を拡大

 上石神井児童館(練馬区上石神井1)で8月10日、小学生が一汁一菜の和食作りにチャレンジした。練馬区が推進する「ちゃんとごはんプロジェクト」の一環。今回は43人の小学生が参加した。

 この日作ったのは、練馬産の野菜が入りのみそ汁に、鶏の照り焼きと金平ゴボウ。みそ汁の野菜を煮る前には、だしの取り方を学び、味と香りも味わった。料理の完成後は、参加者で一緒に食べ、地域の大人と食事を通した交流を行った。

 同プロジェクトは、子どもたちが季節の野菜を使った健康的な和食を自分で作れるように、地域の食育推進ボランティアとともに食事作りを行う体験事業のこと。区では、同プロジェクトを通じて農地が身近にある練馬ならではの食育を進め、食を通した健康で豊かな練馬の実現を目指している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

石神井公園ふるさと文化館のギャラリースペースで4月20日から23日までの4日間、「照姫伝説エキシビション」と題し、照姫伝説の史実と石神井公園開発など町おこしの歴史をテーマにしたパネル展示が行われた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング