学ぶ・知る

練馬で「子ども議会」 中学生35人が区へ政策提言

意見交換会の様子

意見交換会の様子

  •  

 練馬区本会議場で7月31日、「子ども議会」開会宣言が行われた。

 同議会は、子どもたちが日頃疑問に思っていることや希望、意見などを発表する場を提供し、区政に反映させる機会とすることを目的に実施。子ども議会を経験することで、区政や区議会の仕組みを学習。選挙の仕組みについて理解を深め、区政について関心向上を図る。

[広告]

 区内にある中学校の生徒の代表35人が議員となり、4つのグループに分かれて、「観光振興」「ごみ減量」「ICT活用」「中高生の児童館の利用」からテーマを選定。事前学習と課題の検討に加えて地域調査を行い、政策提言案をまとめてきた。

 開会宣言後は全員協議会室で意見交換会を実施。各グループから政策提言案を発表し、白熱した議論を行った。意見交換会での議論を踏まえて、政策提言案の修正を行い、8月7日には、政策提言発表を行う。河口浩教育長が講評を行い、区政に反映させていく。