暮らす・働く

練馬で今年100歳以上の高齢者420人に 練馬区長が訪問し祝う

訪問の様子

訪問の様子

  •  

 練馬区桜台在住の加賀谷サヨさんへ9月3日、前川燿男区長から100歳の祝いの言葉と祝い品が贈られた。

 敬老の日に合わせて、長年にわたって社会に貢献してきたことに感謝し長寿を祝うもの。区では1980(昭和55)年から実施し、区長による訪問は1986(昭和61)年から続いている。

[広告]

 前川区長が今年訪問したのは、9月に100歳の誕生日を迎える加賀谷サヨさん。健康、長寿の秘訣(ひけつは「体を動かすこと」で、朝は近所を散歩し、週1回は近所の老人クラブのカラオケサークルに参加しているという。前川区長は「本当にお元気。これからも楽しんでください」と声を掛けた。

 区によると、区内で今年米寿(88歳)を迎える高齢者は3143人、白寿(99歳)を迎える高齢者は227人、100歳以上となる高齢者は420人(2018年8月1日現在)。区では100歳を迎える高齢者に対して、長寿を祝うとともに祝い品(区内共通商品券2万円分)を贈呈している。