学ぶ・知る

練馬で防災フェスタ 備蓄米による豚丼も

過去の様子

過去の様子

  •  

 光が丘第一中学校、防災学習センター(いずれも練馬区光が丘6)で9月9日、「防災フェスタ」が開かれる。

 防災週間(8月30日~9月5日)に合わせ、防災意識を高める機会として毎年実施している同イベント。はしご車搭乗体験、起震車体験、初期消火訓練、災害伝言ダイヤル体験など、防災に関するさまざまな体験訓練ができる。避難拠点に備蓄されているアルファ化米を使った豚丼を提供し、非常食体験も行う(限定1500食)。

[広告]

 会場では、救助犬による災害時救助デモンストレーション、陸上自衛隊、消防、警察車両の展示のほか、今年6月、練馬区と日本大学芸術学部、ジェイコム東京、一般社団法人練馬放送で協定を締結した臨時災害放送局の災害FMラジオの機材展示も行う。

 開催時間は10時~12時30分。入場無料。

 前日、区立小中学校99カ所の避難拠点では災害対策本部との無線通信訓練や、バーナー、発電機などの資器材操作訓練を行うほか、拠点ごとに、チェックリストの確認やトランシーバーなどの取り扱い訓練を行い初動対応力の強化・向上する訓練を行う。