暮らす・働く

としまえん、世界遺産狙う 世界最古の流れるプールで

「世界遺産」がテーマのポスター

「世界遺産」がテーマのポスター

  •  
  •  

 7月4日にプール開きが行われる屋外プール「としまえんプール」(練馬区向山3)の今年のポスターが発表された。

 毎年、コミカルな企画で注目を浴びる同プールのポスター。今年のテーマは「世界遺産」 。流れるプール50周年を記念して、「世界遺産 狙ってます。」と大々的に宣言したポスターを制作。同プールは1965(昭和40)年、世界初の「流れるプール」として登場。ポスターデザインは、「世界最古」の同プールをメーンに、世界遺産をほうふつするような美しく荘厳なビジュアルで同施設をアピールしている。

[広告]

 「明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録が世間の話題となっている今、としまえんだって『皆さまに長年愛され続けた歴史的プール』を誇らしげに自慢したい」と広報担当者。現在、世界遺産の登録申請は行っていないが、「いつか本当に世界遺産になる日が来るかもしれない」と期待する。

 「今年の夏は、いつか世界遺産になるかもしれないプレミアムなとしまえんプールで、楽しく、涼しく、ほほ笑ましい時間を過ごしてほしい」と来場を呼び掛ける。

 同ポスターは7月上旬より、西武鉄道の各駅や電車車内で掲出される。

 営業時間は10時~17時(7月18日~20日は9時~、同25日~8月31日は9時~18時)。7月12日までは土日営業のみ。7月18日~8月31日は無休で営業。プール入場券(入園料含む)は、大人(中学生以上)=4,000円、子ども=3,000円(身長110センチ未満は2,000円)など。夏季限定でプールと乗り物両方が楽しめるチケット「夏の1日券」も販売する。

 プール営業は8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加