暮らす・働く

練馬区のCM、再生数37万回突破 メーキング映像も好評

フラダンスチームの登場シーン

フラダンスチームの登場シーン

  •  
  •  

 練馬区初のテレビCM「Yori Dori Midori 練馬 グリーンアート篇(へん)」のユーチューブ再生数が10月23日、37万回を突破した。

 「よりどりみどり」をスローガンに、緑あふれる同区のさまざまな魅力を区内外に発信するため制作した同CM。撮影は、練馬区立石神井松の風文化公園(練馬区石神井台1)で区民1000人が参加し行った。

[広告]

 巨大な絵の具のチューブから緑色の服を着た区民グループが登場するシーンから始まり、マーチングバンドやチアガール、獅子舞を操る人やフラダンスを踊る人など、子どもからシニアまでが次々と登場。最後には、全員で作った巨大な人文字グリーンアートが映し出される。

 ユーチューブでの公開は今月7日からで、約10日間で再生数30万回を突破した。地上波や映画館でも放送され、「CMを見た区民からは、『練馬のイメージが良くなるのはうれしい』『自然や公園が多く、子育てがしやすい区として定着してほしい』といった声が届いている」と区担当者。「メーキング映像も好評」といい、同19日から西武池袋線・池袋駅のデジタルサイネージでも放映を行っている。

  • はてなブックマークに追加