暮らす・働く

練馬で地元芸人がお笑いライブ 会場拡大が裏目に出てチケット余る

チラシを配る芸人「ねりまだいこん。」

チラシを配る芸人「ねりまだいこん。」

  •  

 練馬を中心に活動する芸人「ねりまだいこん。」が企画するチャリティーお笑いライブのチケット数が予想外に余ってしまい、本人たちは焦りを募らせている。

 「ねりまだいこん。チャリティーライブ」は7月24日、練馬文化センター(練馬区練馬1)大ホールで開催。昨年、同施設小ホールで同イベントを開催した際は満席となり盛り上がりを見せた。寄付も「練馬みどりの葉っぴい基金」へ20万円行った。

[広告]

 2回目となる今回、さらに盛り上げたいと会場を拡大し大ホールを借りたところ、チケットが余ったという。同施設の席数は1486席。現在、約500枚を手売りで販売し、残り約1000枚が売れ残っている。昨年の小ホール(592席)では売り切れるペースだけに、「やっぱり大ホール広かった。手売り自体はとても好調で、小ホールなら昨年同様満席だった。失敗した」と同コンビ・影山直柔さんは落胆する。

 先週末も影山さんと相方・村野俊一さんは区内でチケット販売にいそしんだ。影山さんは「今日は10枚売れた。このペースであと2週間しかないのに、残り1000枚どうすればいいのか」と嘆き、村野さんに関しては「スタッフなのにチケット売りに来るなんて大変だね」と同情されたという。開催日についても、「夏休みに入ってからの方がいいかと思ったが、出演者の営業が増えてしまい、ブッキングが大変だった」(影山さん)と裏目に出たことも明かす。

 一方で、うれしい話題も。6月、大根の着ぐるみを盗まれた影山さんを見かねて、スポンサーに名乗り出た企業があるという。「間に合えば、新衣装お披露目の場となる」と影山さん。「絶対、面白い内容となっている。どうか笑いに来てほしい。練馬文化センターの大ホールを満員にしたい」とも。

 今回の出演者は、小島よしおさん、イシバシハザマ、AMEMIYAさん、全力じじい、オジンオズボーン、ハブサービス、ですよ。さん、瞬間メタル、オテンキ、ユリオカ超特Qさん、よゐこ・濱口優さん率いるビジュアル系エアバンド禿夢、フォークデュオのサスケ、私立大泉学園。「ねりまだいこん。」はMCを務めつつ、ライブも披露する。

 17時開演。料金は、一般=2,500円(前売り=2,000円)、子ども=1,500円(前売り=1,000円)。チケットは「チケットぴあ」のほか、本人から購入できる。売り上げの一部は同基金に寄付する。