3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

練馬のバスケチーム「ビッグブルー」ホーム開幕へ-会場内FM放送も

東京海上日動ビッグブルー

東京海上日動ビッグブルー

  • 0

  •  

 NBDL(ナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグ)の男子バスケットボールチーム「東京海上日動ビッグブルー」は10月26日・27日、東京海上日動石神井体育館(練馬区石神井台1)でホーム開幕戦を迎える。

 今年から男子バスケットボールのトップリーグとしてスタートしたNBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)。同チームが参加するNBDLはその下部育成リーグに位置付けられている。

[広告]

 リーグが変わったことで「リーグ全体でプロ化傾向をかなり強めている。われわれは一貫してアマチュアチームとして活動しているので正直戸惑いもあるが、実業団の古豪としての意地を見せたいと思う」と池卓実監督。

 9月にNBLが開幕し、今月19日にNBDLも開幕した。第1節は同チームの出場はなく、今回が開幕戦となる。相手は大塚商会アルファーズ。

 今シーズンのチームについて「何と言っても長身外国籍選手の2人、マシュー・カイル(211センチ)、ファイ・サンバ(205センチ)の加入が目玉。bjリーグやFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の3人制バスケットボールで大活躍したマシューと東芝からレンタル移籍のサンバは昨シーズンまでのビッグブルーのイメージを一新することでしょう」と池監督。「2シーズン目となる家村ヘッドコーチがこの2人を迎えてどのような采配を見せるかが楽しみ」とも。

 昨年好評だったインターネットラジオ局・練馬放送によるミニFM放送も予定。会場内で試合開始前の12時からFM85.7MHzで聴くことができる。会場入り口の受付では、ポケットラジオの貸し出しも実施。ハームタイムショーでは同局パーソナリティーのアーティストによる歌も披露する。

 試合開始は両日13時~。入場無料。

Stay at Home