暮らす・働く

大泉学園で笛ライブ トークイベントやボカロ曲演奏も

能楽一噌流笛方・一噌幸弘さん

能楽一噌流笛方・一噌幸弘さん

  •  
  •  

 大泉学園ゆめりあホール(練馬区東大泉1)で7月28日、一噌(いっそう)幸弘さんによる笛ライブ&トークイベントが開かれる。

 一噌さんは地元大泉出身で、安土桃山時代より続く能楽一噌流笛方の名手として能楽古典の世界で活躍。しの笛のほか、自ら考案した田楽笛、リコーダー、角笛など和洋各種の笛を演奏し、作曲活動も行う一噌さんは、数々のホール公演、交響楽団との共演における自作曲やクラシックなどの演奏のほか、歌手・舞踏家への楽曲のアレンジ、自作曲の提供なども手掛ける。笛方とは、能楽のはやし方のうち笛を吹奏する役。

[広告]

 当日は2部構成。第1部「わがこころの練馬トークショー」では、一噌さんのほか、練馬を中心に活動する芸人「ねりまだいこん。」ら参加者と「練馬」をテーマにしたトークイベントを行う。途中、公募により集まったISSOズ・音楽隊による即興演奏や同コンビによるショートコントも披露。14時開場、14時30分開演。入場無料。

 第2部「一噌幸弘の笛コンサート『速流笛破』with超絶和楽器集団」では、一噌さんのほか、小濱明人さん(尺八)、小山豊さん(津軽三味線)望月太喜之丞さん(邦楽打楽器)による演奏を披露。曲目は一噌さんオリジナル曲のほか、童謡、クラシック、ボーカロイド曲を予定。ゲストとして地元在住のタップダンサーの宮下恵一さんが出演し、タップダンスとのコラボレーションも行う。15時30分開場、16時開演。

 料金は、一般=3,000円、高校生以下=1,500円(いずれも当日券は500円増)、小学生以下無料。チケットの問い合わせは「幸弘の会」(TEL 080-5092-6596、平日10時~17時)まで。

  • はてなブックマークに追加